地震調査委員会(読み)じしんちょうさいいんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震調査委員会
じしんちょうさいいんかい

地震に関する調査研究の結果などを収集,整理,分析して総合評価を行なう政府組織。1995年成立の地震防災対策特別措置法に基づき,文部科学省特別の機関である地震調査研究推進本部内に設置された。学識経験者と関係官庁職員からなる。全国の地震活動状況や過去データを収集,分析し,長期評価(→地震発生確率評価)や強震動予測方法を検討する。2005年に今後 30年以内に震度 6弱以上のゆれに見舞われる確率分布などを反映させた「全国を概観した地震動予測地図」を発表。毎月の定例会議のほか,地震活動が活発化する兆しがみられる場合には臨時会が開かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

地震調査委員会

地震防災対策特別措置法に基づき、関係行政機関(気象庁国土地理院など)や大学などの調査結果を収集、整理、分析し、地震活動に関して総合的な評価を行う政府の組織。地震調査研究推進本部内に設置され、事務局は文部科学省にある。メンバーは学識経験者と関係官庁職員の15人からなり、地震活動について現状評価と長期評価を行う。1995年8月から、毎月の定例会を開催し前月の現状評価を行っているが、大きな地震や群発地震が発生した場合にはその都度、臨時会を開く。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

地震調査委員会【じしんちょうさいいんかい】

地震防災対策特別措置法に基づき文部科学省に設置された地震調査研究推進本部の下部組織。日本の有数の地震学者を結集した委員会で,地震発生の長期評価部会や強震度予測手法などを検討する強震度評価部会などで構成されている。地震活動の前月の現状評価と長期評価など総合的な評価を,毎月の定例の委員会で行う。大地震やその余震,群生地震などが発生した場合は臨時委員会が開催される。地震予知については,国土地理院に設置されている地震予知連絡会があり,地震予知に関連する観測研究機関や大学が集まり,情報交換および学術的な検討を行っている。国の地震対策は,内閣府中央防災会議が設置されており,統括的な機能を担っている。
→関連項目東南海地震

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地震調査委員会の関連情報