コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立松義寅 たてまつ よしとら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立松義寅 たてまつ-よしとら

1810-1883 江戸後期-明治時代の画家。
文化7年生まれ。生家は尾張(おわり)(愛知県)熱田の富豪鈴木家。京都で四条派の松村景文(けいぶん)にまなぶ。天保(てんぽう)9年帰郷し,熱田神宮に宇治川先陣の図を奉納。明治10年内国勧業博覧会に出品。明治16年12月16日死去。74歳。字(あざな)は長寅。通称は太左衛門。号は嘉陵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

立松義寅の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android