立花貞二郎(読み)たちばな・ていじろう

朝日日本歴史人物事典の解説

立花貞二郎

没年:大正7.11.11(1918)
生年:明治26(1893)
明治大正期の女形映画俳優。東京浅草生まれ。子役として歌舞伎や新派で舞台経験を積む。明治42(1909)年映画界に入り,吉沢商店,Mパテー商会を経て大正2(1913)年に日活向島撮影所に入社,薄幸のヒロイン役が人気を呼んだ。同じ新派出身の二枚目俳優関根達発との競演作「カチューシャ」(1914)が代表作。女優登場以前の日活映画の人気女形スターだった。主な出演作に「復活」「不如帰」「うき身」など。大正7(1918)年帰山教正らの純映画劇運動が起こり,映画の女優登用は彼の没後,本格化した。<参考文献>岡村紫峰『活動俳優銘々伝』

(長崎一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android