コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花貞二郎 たちばな・ていじろう

1件 の用語解説(立花貞二郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

立花貞二郎

没年:大正7.11.11(1918)
生年:明治26(1893)
明治大正期の女形映画俳優。東京浅草生まれ。子役として歌舞伎や新派で舞台経験を積む。明治42(1909)年映画界に入り,吉沢商店,Mパテー商会を経て大正2(1913)年に日活向島撮影所に入社,薄幸のヒロイン役が人気を呼んだ。同じ新派出身の二枚目俳優関根達発との競演作「カチューシャ」(1914)が代表作。女優登場以前の日活映画の人気女形スターだった。主な出演作に「復活」「不如帰」「うき身」など。大正7(1918)年帰山教正らの純映画劇運動が起こり,映画の女優登用は彼の没後,本格化した。<参考文献>岡村紫峰『活動俳優銘々伝』

(長崎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立花貞二郎の関連キーワード田中栄三草生立女形池田富保生駒雷遊岡田桑三君塚篁陵沢村四郎五郎(5代)藤谷茂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立花貞二郎の関連情報