コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花鑑寿 たちばな あきひさ

1件 の用語解説(立花鑑寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑寿 たちばな-あきひさ

1769-1820 江戸時代後期の大名。
明和6年3月25日生まれ。立花鑑通(あきなお)の5男。兄立花鑑一の死去により,寛政9年筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花家8代となる。10年藩政改革を実行してきた立花寿賰(じゅしゅん)ら改革派が旧習派に解職される事件がおきた(豪傑組崩れ)。文政3年4月29日死去。52歳。通称は図書。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花鑑寿の関連キーワードゴヤ(年譜)紡績工業ロシア音楽阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ吉雄常三ジョージ[3世]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone