コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花鑑広 たちばな あきひろ

1件 の用語解説(立花鑑広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑広 たちばな-あきひろ

1823-1833 江戸時代後期の大名。
文政6年8月21日生まれ。立花鑑賢(あきかた)の長男。文政13年筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花家10代となる。天保(てんぽう)4年2月19日11歳で病死。幼名は万寿丸。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花鑑広の関連キーワードシーボルト島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉エリア随筆エリア随筆

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone