コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸沢式佐 きしざわしきさ

2件 の用語解説(岸沢式佐の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きしざわしきさ【岸沢式佐】

常磐津節三味線方岸沢派家元。初世常磐津文字太夫の三味線方は初世佐々木市蔵であったが,1768年(明和5)市蔵没後後継者争いが起こり,佐々木派は文字太夫と決別,代わって初世岸沢式佐が文字太夫の三味線方となった。(1)初世(1730‐83∥享保15‐天明3) 宮古路数馬太夫の三味線方右和佐古式部(うわさこしきぶ)の門弟で,初め佐々木古流常磐津志妻太夫に従っていたが,のちに文字太夫の三味線方となり,69年に立三味線となって岸沢古式部と改名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸沢式佐
きしざわしきさ

常磐津節(ときわずぶし)の三味線方岸沢派の家元名。[林喜代弘・守谷幸則]

初世

(1730―83)右和左古式部(うわさこしきぶ)の門弟。1768年(明和5)以後、初世常磐津文字太夫(もじたゆう)の相三味線となり、のち2世古式部と改名。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

(1757―1823)初世の門弟で市治。師の没後ただちに襲名した。1795年(寛政7)3世古式部を襲名。右和佐を名のったこともある。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

(1774―1829)2世の門弟の2世九蔵が1800年(寛政12)に襲名したが、05年(文化2)に破門され富本節(とみもとぶし)数寄屋藤八(すきやとうはち)を名のっていたが、20年(文政3)に詫(わび)が入れられ、2世右和佐を継いだ。22年に4世、翌年2世が相次いで死去した後の家元相続の争いで4世の実子仲助に紛争の結果敗れ、憤死したとも伝えられる。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

(1772―1822)2世の門弟文蔵が1807年(文化4)に継いだ。関西巡業中、名古屋で客死。[林喜代弘・守谷幸則]

5世

(1806―66)4世の実子、仲助。1825年(文政8)襲名。53年(嘉永6)4世古式部となる。近世の名手とうたわれ、現存名曲の大半を作曲、『宗清(むねきよ)』『靭猿(うつぼざる)』『将門(まさかど)』『乗合船』『どんつく』などがある。後年4世常磐津文字太夫のち常磐津豊後大掾(ぶんごだいじょう)と不和になり、分離独立して「岸沢派」を創設した。[林喜代弘・守谷幸則]

6世

(1833―98)5世の実子。1859年(安政6)襲名。92年(明治25)5世古式部となる。父に劣らぬ作曲の名手で、反目していた常磐津派と和解した。[林喜代弘・守谷幸則]

7世・8世

(1859―1944)6世の養子。初名2世巳佐吉(みさきち)。1892年(明治25)襲名。一時式佐の名を戻し、改めて8世を名のる。1921年(大正10)6世古式部となる。常磐津林中(りんちゅう)没(1906)後、常磐津派と分離し、1927年(昭和2)ふたたび合同した。[林喜代弘・守谷幸則]

9世

(1892―1979)7世の養子。1921年(大正10)襲名。養父に実子があり、27年(昭和2)式佐の名を返上して常磐津勘右衛門と改名し、常磐津正派家元となったために岸沢家では代数に数えないので、9世以降各代が2人存在する場合がある。[林喜代弘・守谷幸則]

10世

(1909―62)8世の実子。1931年(昭和6)襲名。[林喜代弘・守谷幸則]

11世

(1944― )10世の実子。1973年(昭和48)襲名。[林喜代弘・守谷幸則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岸沢式佐の言及

【常磐津節】より


[展開]
 常磐津節成立の翌年,常磐津小文字太夫は独立して富本節を創始,以後両者はつねに勢力を競うことになる。文字太夫は順調に活躍を続けたが,1768年(明和5)に立三味線初世市蔵が死没,その後継者に初世岸沢式佐が選ばれたため,佐々木派と組んだ志妻,造酒(みき)両太夫が豊名賀と,若太夫が富士岡と改姓し一派を樹立した。ただし後者は1代で消滅,前者は3代限りで初世常磐津兼太夫のとき常磐津に再統一された。…

※「岸沢式佐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸沢式佐の関連キーワード常磐津常磐津文字太夫岸沢式佐(9代)佐々木古流常磐津文字兵衛(初代)常磐津文字兵衛(2代)常磐津文字兵衛(3代)常磐津文字兵衛(4代)常磐津若太夫(3代)常磐津文字兵衛(5代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone