立間(読み)たちま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立間
たちま

愛媛県南西部,宇和海に臨む宇和島市北西部の旧村域。 1955年吉田町と合体し,2005年1市3町が合体して宇和島市となった。愛媛みかんの発祥地で,1800年頃から温州みかんを栽培。平均経営規模は県内有数。 JR予讃線の立間駅前に農協のミカン選果場,缶詰工場,機械化センターなどがある。付近に古社の大乗寺があり,安置されている水引地蔵は雨ごい信仰の木像仏。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立間
たちま

愛媛県南部、宇和島市の一地区。旧立間村。立間(宇和)ミカン発祥地で、宇和青果果樹加工プラント工場があり、ミカンなどの各種缶詰・ジュースの生産を行う。国道56号が通じ、JR予讃線立間駅がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android