宇和海(読み)うわうみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇和海
うわうみ

愛媛県南西部,蒋淵半島と宇和海 (うわかい) の南部の島を含む宇和島市の地区。旧村名。旧宇和海村は日振島戸島遊子 (ゆす) ,下波 (したば) ,蒋淵 (こもぶち) の5村が合体して,1958年発足。 74年宇和島市に編入された。海岸線はリアス式。柑橘類栽培,イワシ網と釣り,真珠とハマチ養殖が主産業。一帯足摺宇和海国立公園に属する。

宇和海
うわかい

愛媛県西部,佐田岬半島の南,豊後水道東部海域水深 100m以内で碆 (ばえ) と呼ばれる暗礁が多く,リアス海岸の湾内では真珠,ハマチの養殖が行われる。海岸線北部は佐田岬半島・宇和海県立自然公園に,戸島,日振島以南は足摺宇和海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宇和海【うわかい】

愛媛県西部,豊後水道に面する海域。海岸線は典型的なリアス式海岸をなし,北の八幡浜中部宇和島など,天然の良港が発達している。古くはイワシ漁が盛んなことで知られていたが,現在では真珠とハマチ養殖も行なわれている。北端瀬戸内海国立公園,南部は足摺宇和海国立公園に指定され,日本最初の海中公園にもなっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うわかい【宇和海】

古くは〈うわのうみ〉とよばれた。愛媛県西部,豊後水道に面する海域。海域には北から大島嘉島,戸島,日振島,御五神(おいつかみ)島,竹ヶ島などが浮かぶ。海岸線は沈降性のリアス海岸で,北の八幡浜港と中央部の宇和島港をはじめ各地に天然の良港が発達している。10世紀ころには海賊出現が顕著で,そのピークをなす藤原純友の乱は日振島を根拠地としていた。また,宇和海は古来イワシ網漁業の盛んなところとして知られ,江戸中期には西国第一のイワシ漁場であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うわ‐かい【宇和海】

愛媛県西南部、豊後水道に接する佐田岬半島南側の海面。昭和四五年(一九七〇)日本最初の海中公園に指定され、同四七年足摺宇和海国立公園に組み込まれた。うわのうみ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宇和海の言及

【宇和海】より

…10世紀ころには海賊の出現が顕著で,そのピークをなす藤原純友の乱は日振島を根拠地としていた。また,宇和海は古来イワシ網漁業の盛んなところとして知られ,江戸中期には西国第一のイワシ漁場であった。イワシ網漁業は明治以降イワシ刺網,きんちゃく網,揚繰(あぐり)網と近代化されたが,1950年代後半に急速に衰退し,真珠とハマチの養殖漁業がこれに代わった。…

※「宇和海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報