宇和(読み)うわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇和
うわ

愛媛県西部西予市中西部に位置し,肱川上流部の宇和川流域を占める地区。旧町名。 1890年卯之町 (うのまち) として町制,1922年宇和町と改称。 1954年多田,中川,石城,下宇和,田之筋の5村と合体。 2004年4月明浜,野村,城川,三瓶の4町と合併し市制。中心集落は卯之町で,江戸時代からの町並みが残る。また,明治期の旧小学校校舎で国指定重要文化財の開明学校があり,教育資料館として利用されている。水田が多く,一戸あたりの耕地経営規模は県下最高。複合経営化も進み,畜産が行なわれるほか,製材,食品,酒造などの工場もある。わら工芸品は特産。四国八十八ヵ所の第 43番札所明石寺や国指定重要文化財の『紙本墨書歯長寺 (しちょうじ) 縁起』のある歯長寺がある。また,南部の法華津峠宇和海の展望で知られる。 JR予讃線と国道 56号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇和
うわ

愛媛県南西部、東宇和郡にあった旧町名(宇和町(ちょう))。現在は西予市(せいよし)の西部を占める一地域。1922年(大正11)宇和村と上宇和村が合併して町制施行。1954年(昭和29)多田、中川、石城(いわき)、下宇和、田之筋(たのすじ)の5村と合併。2004年(平成16)、西宇和郡の三瓶(みかめ)、東宇和郡の明浜(あけはま)、野村、城川(しろかわ)の4町と合併して市制施行、西予市となる(なお、この合併により東宇和郡は消滅)。旧宇和町は肱(ひじ)川上流の宇和川流域を占め、宇和盆地とその周辺山間にわたる。市街地は宇和島藩の在郷町で卯之町(うのまち)とよばれてきた。穀倉地帯で宇和三万石ともいわれ、米作、野菜・果樹生産のほか良質のヒノキも産する。幕末の郷学校としての申義堂(しんぎどう)、明治の小学校開明学校(国指定重要文化財)などが卯之町に保存されている。またシーボルトの門人二宮敬作の居跡をはじめ、高野長英(ちょうえい)の隠れ家(県指定有形文化財)なども残され、文化財が多い。JR予讃(よさん)線および国道56号が通じ、古い町並みも変わりつつある。[横山昭市]
『『宇和町誌』(1976・宇和町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うわ【宇和】

伊予国(愛媛県)西部の旧郡名。貞観八年(八六六)以前は喜多郡を含めていた。廃藩置県後宇和島県、のち神山県の所属となり、明治六年(一八七三)愛媛県宇和郡となる。同一一年東西南北の四郡に分かれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇和の関連情報