コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇和 うわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇和
うわ

愛媛県南西部,西予市中西部に位置し,肱川上流部の宇和川流域を占める地区。旧町名。 1890年卯之町 (うのまち) として町制,1922年宇和町と改称。 1954年多田,中川,石城,下宇和,田之筋の5村と合体。 2004年4月明浜,野村,城川,三瓶の4町と合併し市制。中心集落は卯之町で,江戸時代からの町並みが残る。また,明治期の旧小学校校舎で国指定重要文化財の開明学校があり,教育資料館として利用されている。水田が多く,一戸あたりの耕地経営規模は県下最高。複合経営化も進み,畜産が行なわれるほか,製材,食品,酒造などの工場もある。わら工芸品は特産。四国八十八ヵ所の第 43番札所明石寺や国指定重要文化財の『紙本墨書歯長寺 (しちょうじ) 縁起』のある歯長寺がある。また,南部の法華津峠宇和海の展望で知られる。 JR予讃線と国道 56号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇和
うわ

愛媛県南西部、東宇和郡にあった旧町名(宇和町(ちょう))。現在は西予(せいよ)市の西部を占める一地域。1922年(大正11)宇和村と上宇和村が合併して町制施行。1954年(昭和29)多田、中川、石城(いわき)、下宇和、田之筋(たのすじ)の5村と合併。2004年(平成16)、西宇和郡の三瓶(みかめ)、東宇和郡の明浜(あけはま)、野村、城川(しろかわ)の4町と合併して市制施行、西予市となる(なお、この合併により東宇和郡は消滅)。旧宇和町は肱(ひじ)川上流の宇和川流域を占め、宇和盆地とその周辺山間にわたる。市街地は宇和島藩の在郷町で卯之町(うのまち)とよばれてきた。穀倉地帯で宇和三万石ともいわれ、米作、野菜・果樹生産のほか良質のヒノキも産する。幕末の郷学校としての申義堂(しんぎどう)、明治の小学校開明学校(国指定重要文化財)などが卯之町に保存されている。またシーボルトの門人二宮敬作の居跡をはじめ、高野長英(ちょうえい)の隠れ家(県指定有形文化財)なども残され、文化財が多い。JR予讃(よさん)線および国道56号が通じ、古い町並みも変わりつつある。[横山昭市]
『『宇和町誌』(1976・宇和町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇和の関連キーワード愛媛県西予市宇和町卯之町宇和游の里ふれあい広場奈良県奈良市法華寺町足摺宇和海国立公園滋賀県栗東市蜂屋宇和先哲記念館西園寺 源透明恵上人遺訓堀部 彦次郎柳沢 秋三郎愛媛県西予市宇和米博物館肱川(川)宇和[町]西予(市)どんぶり館国乳別皇子なまずがゆ野村[町]西予[市]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇和の関連情報