立食(読み)リッショク

大辞林 第三版の解説

りっしょく【立食】

立ったまま食べること。特に洋式の宴会で、卓上の飲食物を出席者が自由に取って食べる形式のもの。 「 -パーティー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐ぐい ‥ぐひ【立食】

〘名〙 立ったままで食べること。りっしょく。⇔座食。「立食蕎麦」
※咄本・俳諧発句一題噺(1851)下「おでんあんばいよしを、たちぐひとでかけしに」

りっ‐しょく【立食】

〘名〙 立ったままで食べること。特に、パーティーで、卓上に並べた飲食物を各人が自由に取れるようにした形式のもの。
※朝野新聞‐明治一五年(1882)一二月一五日「造幣局の各官吏は、忘年、新年宴会等に席貸に於て芸妓を招くことを廃止し、洋風の立食に替へらるることになりし趣」
[語誌]明治の新語。「漢英対照いろは辞典」(一八八八)では「立食」「立ち食ひ」は同じ語とされ、「俗語辞海」(一九〇九)も同様。一方、「言海」(一八九一)や「日本大辞書」(一八九三)では、パーティーで飲食物を卓上に置いて自由にとって食べる形式の意だけである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立食の関連情報