新年宴会(読み)シンネンエンカイ

デジタル大辞泉の解説

しんねん‐えんかい〔‐エンクワイ〕【新年宴会】

新年を祝って催す宴会。新年会。 新年》
1月5日に宮中で、天皇が、皇族高位・高官者、外国使臣に宴を賜った儀式。第二次大戦後廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんねんえんかい【新年宴会】

もと皇居で、一月五日に新年の祝賀として皇族・親任官・外国使臣などを召して、天皇が行なった宴会。
一般に、新年を祝って開く宴会。新年会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新年宴会
しんねんえんかい

宮中の儀式の一つで、新年の初めにその年を祝う宴会をいう。この起源は奈良時代以来朝廷を中心に行われた元日の節会(せちえ)であるが、室町時代末、皇室の衰微とともにいったん廃絶していた。それを明治になって再興し、1872年(明治5)に新年宴会と称したのである。ただし元日には種々の行事が重なるため、72年には5、6日の両日、75年以後は5日のみに行われた。また、89年の宮城完成後はおもに豊明殿(ほうめいでん)で行われたが、第二次世界大戦終了の1945年(昭和20)に中止された。[犬馬場紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しんねん‐えんかい ‥エンクヮイ【新年宴会】

〘名〙
① 新年を祝って催す宴会。新年会
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「夜府中の官吏、及び米公使『デロンク』夫婦を招き、旅館に新年宴会を開く」
② 第二次世界大戦以前、一月五日に、宮中で新年の祝賀として、皇族、親任官、外国使臣などを招いて行なった儀式。また、その一月五日の祝日。元日の節会(せちえ)を明治になって再興し、明治五年(一八七二)に正式の名称としたもの。《季・新年》 〔日新真事誌‐明治六年(1873)一〇月一七日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android