コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜土会 りゅうどかい

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうどかい【竜土会】

明治後期の文学者の集まり。1900年代初頭,東京牛込加賀町の柳田国男邸に田山花袋,国木田独歩らが寄って文学談を交わしたのが始まりで,1902年1月,麴町の西洋料理店快楽亭の会合からは会場を外に設けて続けられた。蒲原有明島崎藤村小栗風葉柳川春葉ら若い文学世代の交流は,新時代への気運をはらんで影響し合うところが大きかった。牛込赤城神社下の清風亭,雑司ヶ谷鬼子母神の焼鳥屋などから,04年11月,麻布竜土町のフランス料理店竜土軒に移って以後,ここが例会場となり会名も定まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜土会の関連キーワード柳田国男(やなぎたくにお)柳田 國男柳田 国男

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android