コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口米次郎 のぐち よねじろう

8件 の用語解説(野口米次郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

野口米次郎

詩人・英文学者。筆名はヨネノグチ。愛知県生。イサム=ノグチの父。渡米後、ウォーキン=ミラーに師事する。慶応教授の傍ら作詩、研究活動をする。昭和22年(1947)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のぐち‐よねじろう〔‐よねジラウ〕【野口米次郎】

[1875~1947]詩人。愛知の生まれ。米英に滞在中、英文詩集を刊行し、ヨネ=ノグチの名で知られる。帰国後、伝統芸術に心酔し、多くの評論を書いた。詩集「二重国籍者の詩」「林檎一つ落つ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

野口米次郎【のぐちよねじろう】

詩人。愛知県生れ。慶応義塾中退後,米英に遊学。《Seen and Unseen》(1896年),《From the Eastern Sea》など英文詩集を刊行して,詩人ヨネ・ノグチの名を海外に高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口米次郎 のぐち-よねじろう

1875-1947 明治-昭和時代の詩人。
明治8年12月8日生まれ。イサム=ノグチの父。明治26年渡米,ウォーキン=ミラーに師事。29年「Seen and Unseen」を発表,英米詩壇で名声をえる。37年帰国,翌年慶大教授。39年あやめ会を結成して日英米の詩人の交流につくした。昭和22年7月13日死去。73歳。愛知県出身。慶応義塾中退。英詩人としての筆名はYone Noguchi。詩集に「From the Eastern Sea」「二重国籍者の詩」など。
【格言など】人生の混乱からすつかり離れ 星の間に歌を見出すことは喜ばしい(「表象抒情詩」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

のぐちよねじろう【野口米次郎】

1875‐1947(明治8‐昭和22)
詩人。愛知県の生れ。慶応義塾を中退。1893年に渡米して苦学を続け,詩人ウォーキン・ミラーの学僕となり,英語の詩集《Seen and Unseen》(1896)をヨネ・ノグチの名で刊行して注目された。1904年に帰国,慶大英文科教授となり,あやめ会を設立して日・英・米詩人の詩を収めた二つのアンソロジー《あやめ草》《豊旗雲》(ともに1906)を刊行した。その後も渡米,渡英をしたが帰国後,《二重国籍者の詩》(1921)などの日本語の詩集を刊行し,外国語的表現を交えた独自の詩風を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のぐちよねじろう【野口米次郎】

1875~1947) 詩人。愛知県生まれ。慶大中退。渡米して英詩を修業、米英で英詩集を刊行して注目され、ヨネ=ノグチの名で知られる。帰国後、母校で教鞭をとるかたわら詩・美術評論などに活躍した。詩集に「二重国籍者の詩」「表象抒情詩」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野口米次郎
のぐちよねじろう

[生]1875.12.8. 愛知,津島
[没]1947.7.13. 茨城
詩人。慶應義塾に学んだのち,1893年アメリカに渡り各地を放浪後,第1詩集"Seen and Unseen" (1896) を出版して認められ,1902年ロンドンに渡って第3詩集"From the Eastern Sea" (1903) でイギリス詩壇における地位をも確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野口米次郎
のぐちよねじろう
(1875―1947)

詩人。明治8年12月8日愛知県海部(あま)郡津島町(現津島市)生まれ。英詩人としての署名はYone Noguchi。郷里の中学校を中途退学して1890年(明治23)上京、慶応義塾などに学んだ。93年、19歳で単身渡米して苦学を続け、サンフランシスコの日本字新聞社の記者となった。オークランドの詩人ウォーキン・ミラーの書生となり、ポー、ホイットマン、キーツらの作品に親しんで詩壇へ登場の力を養った。渡米後3年目に第一詩集『Seen and Unseen』(1896)を出版、1902年にロンドンに渡り、詩集『From the Eastern Sea』(1903)を自費出版した。04年(明治37)帰国、翌05年から母校慶応義塾大学英文科教授となり、40年間勤務して名誉教授となった。『二重国籍者の詩』『林檎(りんご)一つ落つ』『沈黙の血汐(ちしお)』『野口米次郎英詩選集』『山上に立つ』などの詩集のほか30余冊の著作がある。詩風は観念的であるが、「ヨネ・ノグチ」の筆名で外国にも知られるスケールがあった。昭和22年7月13日没。[古川清彦]
『『現代日本文学大系41』(1972・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野口米次郎の関連キーワード上田敏雄緒方昇小野塚与澄加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東沢ゆき滝沢秋暁正富汪洋

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野口米次郎の関連情報