コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜野周一郎 たつの しゅういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜野周一郎 たつの-しゅういちろう

1864-1928 明治-大正時代の政治家,実業家。
元治(げんじ)元年4月7日生まれ。明治14年益友社をおこし社長となり,自由党入党。先憂亭後楽と称して各地を遊説した。22年「愛民」を発刊。長野県議,同議長をつとめ,31年衆議院議員(当選5回,政友会)。昭和3年4月11日死去。65歳。信濃(しなの)(長野県)出身。上田中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の竜野周一郎の言及

【政治講談】より

…彼は高知県で演説禁止処分を受けたため,1882年1月,遊芸稼人の鑑札を受け馬鹿林鈍翁を名乗り一座の興行をはじめた。不敬罪により罰せられ,わずか2日間で幕を閉じたが,後に東京で奥宮健之,奥宮健吉,竜野周一郎らが同じ試みを受け継ぐ。演ずる題目は〈フランス革命史〉〈経国美談〉〈東洋民権百家伝〉など。…

※「竜野周一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜野周一郎の関連キーワード大正時代石塚重平政治家実業家元治

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android