コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童蒙 ドウモウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐もう【童×蒙】

[名・形動]幼くて道理がわからないこと。また、その者や、そのさま。
「―な顔の体のずんぐりした少女」〈秋声仮装人物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうもう【童蒙】

幼くて物の道理のわからない者。子ども。 「世の-に媚こぶればとて/小説神髄 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

童蒙の関連キーワード働・僮・動・同・堂・導・撓・撞・洞・獰・瞠・瞳・童・胴・道・銅妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙御篶刈る・水篶刈る・御篶苅る・水篶苅る荷田春満(かだあずままろ)戸川 残花三善為康葛原秀藤田安宗武一条兼良幼学綱要俳諧蒙求小林惟孝戸川残花四家髄脳読書三到小説神髄藤原範兼談義本注好選今川状

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android