コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原惟成 ふじわらの これしげ

2件 の用語解説(藤原惟成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原惟成 ふじわらの-これしげ

953-989 平安時代中期の官吏。
天暦(てんりゃく)7年生まれ。藤原雅材の子。花山天皇乳母子(めのとご)。五位蔵人(くろうど),権(ごんの)左中弁,左衛門権佐(ごんのすけ)をかねる。藤原義懐(よしちか)とともに近臣として活躍し,五位摂政と称された。寛和(かんな)2年(986)突然退位・出家した天皇の跡をおって出家。詩,和歌をよくした。永祚(えいそ)元年11月死去。37歳。法名は寂空。家集に「惟成弁集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原惟成

没年:永祚1(989)
生年:天暦7(953)
平安中期の官人。法名は寂空(悟妙とも)。正五位上。蔵人雅材と摂津守藤原中正の娘の子。母が花山天皇の乳母であったことから永観2(984)年,天皇の即位と同時に蔵人に任命され,外戚の藤原義懐を補して政治を推進した。しかし「内おとりの外めでた」と評された狂疾な天皇が2年後に突然,出家,退位したため義懐と共に出家した。糟糠の妻を捨て源満仲の婿になったことを恨んだ旧妻が惟成が乞食になるよう祈ったところ,現実となり,旧妻から物を施されたという話が『古事談』にある。詩や和歌をよくした。<参考文献>鮎沢寿「藤原惟成とその妻」(『史峯』3)

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原惟成の関連キーワード官人季禄在庁官人扶桑集命婦大宰追立の官人常明高階信平藤原資隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone