コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端渓硯 たんけいけん Duan-xi-yan

2件 の用語解説(端渓硯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

端渓硯
たんけいけん
Duan-xi-yan

中国,広東省高要県の南東,爛柯 (らんか) 山に沿った渓谷で採取される硯石で作った。端渓の名は漢代に端渓県が設けられたことによる。硯の採取は唐高祖の武徳年間 (618~626) に始ったといわれるが,宋代には下巌,中巌,上巌,竜巌などその種類が多く,多くは紫色で,発墨のよいのを上石とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たんけい‐けん【端渓×硯】

端渓石で作った硯(すずり)。美しい斑文(はんもん)があり、墨のおりもよく、古来珍重される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

端渓硯の関連キーワード海南島西江華南端渓爛柯蘭陵広東省中国民俗文化村肇慶粤(広東省)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

端渓硯の関連情報