コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端渓硯 たんけいけんDuan-xi-yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

端渓硯
たんけいけん
Duan-xi-yan

中国,広東省高要県の南東,爛柯 (らんか) 山に沿った渓谷で採取される石で作った端渓の名は漢代に端渓県が設けられたことによる。硯の採取は唐高祖の武徳年間 (618~626) に始ったといわれるが,宋代には下,中巌,上巌,竜巌などその種類が多く,多くは紫色で,発墨のよいのを上石とする。石質の中に眼 (がん) のあるのが特色。南宋初めには『端渓硯譜』1巻 (撰者不明) が書かれ,明代には水巌が発掘され,清代には呉蘭修撰の『端渓硯史』3巻が著わされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんけい‐けん【端渓×硯】

端渓石で作った硯(すずり)。美しい斑文(はんもん)があり、墨のおりもよく、古来珍重される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

端渓硯の関連キーワード端渓石肇慶

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android