コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端渓石 タンケイセキ

3件 の用語解説(端渓石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんけい‐せき【端渓石】

端渓に産する古生代輝緑凝灰岩。色は黒・青・緑・紫などがあり、最高級の硯(すずり)石として有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たんけいせき【端渓石】

端渓に産する硯材。輝緑凝灰岩でやや軟らかく、墨のおりがよい。色は紫紅色のものが多く、石紋も美しい。古来硯材として歙州きゆうじゆう石とともに珍重された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

端渓石
たんけいせき

中国広東(カントン)省の肇慶(ちょうけい/チャオチン)市に産する硯石(すずりいし)。産地付近の西江を端渓とよぶことに由来する。古生代の凝灰岩で、石質は細粒緻密(ちみつ)で滑らかなため、墨の澱(おり)・発墨がよく、唐代のころから良質の硯石として珍重され、硯の最高級品として知られている。黒、緑、紫、褐色などを呈するが、紫色(正紫)あるいは紫褐色(猪肝(ちょかん))のものを最上とする。石の面には石眼(せきがん)または眼(がん)とよばれる丸い斑紋(はんもん)がみられ、石眼が黄褐色のものより緑色のものが好まれ、またその数が多いほど高級品とされている。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

端渓石の関連キーワード赤間石輝緑凝灰岩旧古生代新古生代白鳳渓谷輝緑凝灰岩斑岩輝緑層灰岩シャルスタインブラッタースタイン粒状凝灰岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone