コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競馬香 ケイバコウ

2件 の用語解説(競馬香の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいば‐こう〔‐カウ〕【競馬香】

組香(くみこう)の一。賀茂神社競(くら)べ馬の式になぞらえて、赤黒二組に分かれ、香をかぎ当てたほうが馬に乗った人形を一目盛りずつ進ませ、早く決勝点に入ったほうを勝ちとする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいばこう【競馬香】

組香の一。賀茂の競くらべ馬を題材にした盤物。二方に分かれ、四種の香木一〇炷ちゆうを炷き、聞き当てた人の数に従って盤上の人形を進ませる。人形が早く決勝点を通過した方を勝ちとする。一炷開きで聞く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競馬香の関連情報