コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簾中 レンチュウ

デジタル大辞泉の解説

れん‐ちゅう【×簾中】

すだれで仕切られた内側。簾内。
常に1にいるような高貴な女性。貴婦人。また、公卿・大名などの正妻を敬っていう語。
「―堂上目をあやにして」〈盛衰記・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんちゅう【簾中】

すだれで仕切った内側。
〔すだれの内側にいる者の意〕 貴婦人。貴人の正妻を敬っていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

簾中の関連キーワード滋野井公澄べくもない藤原資隆継子立て北条政子滝野遊軒溝口重雄入り立ち白馬の陣貴婦人催馬楽二中歴すだれ内側簾内転ぶ正妻貴人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android