簾中(読み)れんちゅう

精選版 日本国語大辞典「簾中」の解説

れん‐ちゅう【簾中】

〘名〙 (「れんぢゅう」とも)
すだれの中。みすの中。また、部屋のおく。室内。簾内
※菅家文草(900頃)七・書斎記「殊慙〈中徒設𨷻入之制」 〔張若虚‐春江花月夜〕
② (常に簾の奥にあって生活するところから) 高貴な家の女性。貴婦人。また、公卿、大名などの夫人を敬っていう語。
※源平盛衰記(14C前)一二「御前にて琵琶を調べ給ければ〈略〉簾中(レンチウ)、堂上目をあやにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「簾中」の解説

れん‐ちゅう【×簾中】

すだれで仕切られた内側。簾内。
常に1にいるような高貴な女性。貴婦人。また、公卿・大名などの正妻を敬っていう語。
「―堂上目をあやにして」〈盛衰記・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android