コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内吟秋 たけうち ぎんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内吟秋 たけうち-ぎんしゅう

1831-1913 幕末-明治時代の武士,陶工。
天保(てんぽう)2年生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩士。塚谷浅(せん),雲林院宝山にまなぶ。明治13年九谷陶器支配人陶工部長。のち加藤友太郎,ワグネルらにもまなぶ。絵付けにすぐれた。29年石川県立工業の教師となった。大正2年死去。83歳。本姓は浅井。名は知雅。通称は源三郎別号に皚斎,有節斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内吟秋

没年:大正2(1913)
生年天保2(1831)
明治時代の陶工。絵付師として有名。加賀(金沢)藩士浅井長右衛門の長男。幼名は源三郎。皚斎・有節斎などと号した。明治11(1878)年に山代温泉の塚谷誠について陶法を修め,12年には自費で私学校を開き陶画法を教えた。13年には九谷陶器会社の支配人となり,14年には東京へ出て,18年にはG.ワグナーについて陶画法を学んだ。作風は細密な筆法で赤と金彩を駆使し,中国風図案の影響を強く受け,華麗な色絵法を完成した。27年には石川県立工業高校の教職についた。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

竹内吟秋の関連キーワード浅井一毫九谷焼没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹内吟秋の関連情報