コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内吟秋 たけうち ぎんしゅう

2件 の用語解説(竹内吟秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内吟秋 たけうち-ぎんしゅう

1831-1913 幕末-明治時代の武士,陶工。
天保(てんぽう)2年生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩士。塚谷浅(せん),雲林院宝山にまなぶ。明治13年九谷陶器支配人兼陶工部長。のち加藤友太郎,ワグネルらにもまなぶ。絵付けにすぐれた。29年石川県立工業の教師となった。大正2年死去。83歳。本姓は浅井。名は知雅。通称は源三郎。別号に皚斎,有節斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内吟秋

没年:大正2(1913)
生年:天保2(1831)
明治時代の陶工。絵付師として有名。加賀(金沢)藩士浅井長右衛門の長男。幼名は源三郎。皚斎・有節斎などと号した。明治11(1878)年に山代温泉の塚谷誠について陶法を修め,12年には自費で私学校を開き陶画法を教えた。13年には九谷陶器会社の支配人となり,14年には東京へ出て,18年にはG.ワグナーについて陶画法を学んだ。作風は細密な筆法で赤と金彩を駆使し,中国風図案の影響を強く受け,華麗な色絵法を完成した。27年には石川県立工業高校の教職についた。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

竹内吟秋の関連キーワードゴローニンメイランペドロデトリングバルカン戦争光の科学史竹内吟秋球状構造青少年運動徳川文庫

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹内吟秋の関連情報