コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹原荘(読み)たけはらのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

たけはらのしょう【竹原荘】

1090年(寛治4)に朝廷が賀茂上下社に多くの荘園を寄進したとき,下賀茂社の社領となった荘園である。現在の広島県竹原市東野町を中心とした地域にあり,同荘に塩浜があったことから海に面していたことがわかる。竹原荘の北に接して都宇(つう)郷があり,同郷は鎌倉初期には同じ下賀茂社領荘園となって,都宇・竹原荘と連称されることが多いが,それは竹原荘が本荘で都宇荘が新荘という本・新荘関係にあったからである。下賀茂社の神人(じにん)が下司(げし)に任ぜられたが,実質的に同荘の在地支配を行ったのは公文(くもん)であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android