コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本住大夫(7代) たけもと すみたゆう

1件 の用語解説(竹本住大夫(7代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本住大夫(7代) たけもと-すみたゆう

1924- 昭和-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
大正13年10月28日生まれ。6代竹本住太夫の養子。2代豊竹古靱太夫(こうつぼだゆう)(のち豊竹山城少掾)に入門。昭和35年9代竹本文字大夫を襲名。38年文楽協会を設立。60年7代竹本住大夫を襲名。平成元年人間国宝。10年芸術院恩賜賞。14年芸術院会員。16年毎日芸術賞。17年文化功労者。20年朝日賞。同年フランス芸術文化勲章コマンドールを受章。26年引退。同年文化勲章。大阪府出身。大阪専門学校(現・近畿大)卒。本名は岸本欣一。初名は豊竹古住太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹本住大夫(7代)の関連キーワード吾妻浄瑠璃寄進浄瑠璃狂言浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃看板浄瑠璃世界世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃宮薗千碌(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone