コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本山四郎 たけもと さんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本山四郎 たけもと-さんしろう

1800-1881 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
寛政12年生まれ。義太夫節。3代竹本綱太夫の門人。はじめ竹本寿太夫と称し,天保(てんぽう)14年津賀太夫と改名。嘉永(かえい)の末ごろ山城掾(やましろのじょう)を受領したが,明治2年山四郎と改名した。明治14年10月22日死去。82歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

竹本山四郎の関連キーワード豊竹 柳適太夫(初代)豊竹 古靭太夫(初代)竹本綾瀬太夫(2代)竹本津太夫(2世)竹本津太夫明治時代浄瑠璃るり

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android