コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本朝太夫 たけもと あさたゆう

1件 の用語解説(竹本朝太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本朝太夫 たけもと-あさたゆう

1856-1933 明治-昭和時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
安政3年2月生まれ。義太夫節。7代竹本染太夫の門にはいり文楽座,彦六座に出演。明治30年上京,初代豊沢松太郎を相三味線として人気をえる。美声の語り手で,つや物を得意とした。昭和8年1月30日死去。78歳。大坂出身。本名は正木丑之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹本朝太夫の関連キーワードディクソン晩年伊豆の踊子丹下左膳結城寅寿ミシン上原勇作上原勇作上原勇作平岩愃保

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone