コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本津太夫(2世) たけもとつだゆう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本津太夫(2世)
たけもとつだゆう[にせい]

[生]?
[没]1912
義太夫節の太夫。本名桜井源助。通称法善寺。竹本山四郎門人。初名緑太夫。元治1 (1864) 年2世津太夫となった。 1910年引退後7世綱太夫。櫓下 (やぐらした。総座頭) の摂津大掾に対し,渋い情味のある芸で知られた。門下から3世津太夫,豊竹山城少掾らを輩出。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

竹本津太夫(2世)の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android