竹本筆太夫(3代)(読み)たけもと ふでたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本筆太夫(3代) たけもと-ふでたゆう

?-? 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。初代竹本弥太夫の弟子で,寛政3年(1791)大坂大西芝居へ出演。2代筆太夫病没後3代を襲名。天保(てんぽう)13年の改革で芸人が弾圧されたとき,奉行所にうったえでて,浄瑠璃を例外あつかいにさせた。通称は百貫安兵衛。著作に「浄瑠璃大系図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android