コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹柴蟹助 たけしば かにすけ

1件 の用語解説(竹柴蟹助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹柴蟹助 たけしば-かにすけ

1904-1989 大正-昭和時代の歌舞伎作者。
明治37年12月28日生まれ。竹柴晋吉に入門,大正14年歌舞伎座の座付狂言作者となり,柝(き)をうつなど裏方をつとめる。昭和41年国立劇場開場とともに芸能部にはいった。歌舞伎独特の勘亭流(かんていりゅう)文字の第一人者。62年吉川英治文化賞。平成元年8月4日死去。84歳。東京出身。本名は古賀義一。著作に「歌舞伎勘亭流」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹柴蟹助の関連キーワード尾上菊次郎(4代)尾上鯉三郎(3代)片岡愛之助(5代)杵屋富造田中伝一郎谷邦夫鳥居忠雅阪東寿三郎(3代)望月太左衛門(9代)吉田暎二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone