コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂迹 すいじゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垂迹
すいじゃく

仏教と神道とが結びついて生れた思想で,仏や菩薩が衆生を仏道に引入れるために,かりに神々の姿となって示現すること。 (→本地垂迹説 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいじゃく【垂迹】

〔古くは「すいしゃく」〕
〘仏〙 仏・菩薩が衆生しゆじようを救うために仮の姿をとってこの世に現れること。また、その仮の姿。特に、日本では在来の神を仏・菩薩の垂迹であるとする。 → 本地ほんじ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

垂迹
すいじゃく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

垂迹の関連キーワード反本地垂迹説諸神本懐集神仏同体説八幡愚童訓熊野曼荼羅春日曼荼羅山王曼荼羅僧形八幡神仏習合若一王子三十番神宮曼荼羅仏神水波和光垂迹垂迹美術垂迹画御正体本地仏神道集本地物

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android