コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹腰正旧 たけのこし まさもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹腰正旧 たけのこし-まさもと

1851-1910 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)4年2月2日生まれ。三河(愛知県)田原藩主三宅康直の子。代々尾張(おわり)名古屋藩付家老をつとめる竹腰家の養子となり,文久3年美濃(みの)(岐阜県)今尾3万石を領する。慶応4年藩がたてられ今尾藩主となる。明治10年隠居。跡をついだ正己(まさわれ)が17年男爵となる。明治43年8月22日死去。60歳。通称は竜若。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹腰正旧の関連キーワード新聞小説コスタ田岡嶺雲アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画リゴレットギュツラフ真葛長造気成