コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竺道生 じくどうしょうZhú dào shēng

世界大百科事典 第2版の解説

じくどうしょう【竺道生 Zhú dào shēng】

355?‐434
道生でも知られる。中国思想史の根本的な転換期である東晋末期から劉宋期において中心的役割を果たした仏教哲学者。本姓は魏,鉅鹿(河北省)の人。釈道安の同門竺法汰(320‐387)の弟子で,廬山にあった慧遠(えおん),僧伽提婆,長安のクマーラジーバ(鳩摩羅什)などのもとで勉学した。クマーラジーバ門下の僧肇(そうちよう)らや謝霊運との深い学問的交流があった。当時の中国思想界が問題にした〈あらゆる人間が聖人になることができるか〉という根本問題に対し,クマーラジーバ哲学の真俗二諦の区別を導入して〈頓悟成仏説〉などを提出し,また法顕伝来の《泥洹経》の仏性論をただちに受け入れて〈闡提(せんだい)成仏説〉を提出して肯定的に答えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の竺道生の言及

【教相判釈】より

…これにより,仏説の順序次第を確立しようとする教判が中国仏教の独自な学問として発達することになった。 クマーラジーバの高弟である僧叡の提示した基本原理にもとづいて竺道生が在家信者のための〈善浄法輪〉,声聞,独覚,菩薩乗の〈方便法輪〉,《法華経》の〈真実法輪〉,《大般泥洹経(だいはつないおんぎよう)》の〈無余法輪〉という原初教判を創説した。つづいておそらく慧観が第一時には鹿野苑で四諦法輪を転じ,第二時には《大品般若経》,第三時には《維摩経》《梵天思益経》,第四時には《法華経》を転法輪し,最後に第五時に沙羅双樹の下で《大般涅槃経》を説法したという著名な五時教判を提唱した(《広弘明集》巻十九)。…

【頓悟】より

…段階的に悟りに達する漸悟に対し,本来成仏の理を前提するもの。インド仏教が,漸悟をたてまえとするのに対し,中国では,古く竺道生が頓悟を説いたといわれて,漸悟すら頓悟的に受けとめられる。曹渓慧能を祖とする南宗禅は,その代表的なものであり,宗密は,頓悟頓修,頓悟漸修,漸修頓悟,頓修漸悟の四つを分かち,頓悟漸修を最高とする。…

※「竺道生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竺道生の関連キーワード義疏学王弼

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android