コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真俗二諦 しんぞくにたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真俗二諦
しんぞくにたい

仏教用語真諦 paramārtha-satyaと俗諦 saṃvṛti-satyaのこと。真諦とは,勝義諦第一義諦ともいい,出世間的な絶対的真理をさし,俗諦とは,世間諦ともいい,世間的な真理をさす。その意味は経典によって種々異説がある。『倶舎論』などでは,世間一般の常識とみられる真実を俗諦といい,法があると説くことを真諦としている。また大乗仏教では,すべてのものには実体がなく空であると知ることを真諦となし,言葉や思想で表わされる世界を俗諦というが,真諦をいい表わすためには俗諦によらなければならないと説いている。浄土真宗では,仏法を真諦,王法すなわち世間的道徳を俗諦と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんぞく‐にたい【真俗二諦】

仏語。真諦と俗諦。浄土真宗では、仏法を真諦、王法を俗諦として相依(そうえ)相資の関係にあるとする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

真俗二諦【しんぞくにたい】

仏教で絶対的悟りと相対的悟りを区別していう用語。真諦は勝義諦・第一義諦ともいい,(あやまり)のない絶対的真理をいう。俗諦は世俗諦世諦ともいい,世俗人の執着するままを容認する相対的真理をさす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞくにたい【真俗二諦】

中国,南北朝期にとくに三論宗の教義の中心として論議された仏教教理概念で,真諦と俗諦のこと。真諦とは絶対不変の真理,俗諦とは世俗的真理を言う。三論宗では空(否定)の立場を真諦,有(肯定)の立場を俗諦とし,真俗二諦のいずれかに執着する立場を超越して無執着の真理,つまり空有以上の立場に至らしめる手段としてその教義の中心にすえる。三論宗の大成者,隋の吉蔵に,この問題のきわめて論理的な展開が見られる。【愛宕 元】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぞくにたい【真俗二諦】

〘仏〙 仏教的・出世間的な真理である真諦と、世間的真理である俗諦のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真俗二諦の関連キーワード教誨師竺道生縁起

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android