コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉅鹿 キョロク

デジタル大辞泉の解説

きょろく【鉅鹿】

中国代に、現在の河北省平郷県に置かれた郡および県の名。項羽が、秦の将軍章邯(しょうかん)の軍勢に大勝した土地として有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉅鹿【きょろく】

1108年黄河の氾濫(はんらん)で埋没した中国河北省の一邑(ゆう)。1918年ころから発掘され始め,二つの住居跡や宋代の陶磁器出土。陶磁には磁州窯定窯のものがあり,鉅鹿陶と称されるが,特に白くて美しい前者は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょろく【鉅鹿 Jù lù】

中国,河北省南部の平郷県の古名。戦国趙の邑(都市)で,秦・漢時代には鉅鹿県といい,鉅鹿郡の中心であったが,後漢以後は郡の治所が他に移り,県名も北魏のときに平郷と改められた。項羽が秦将章邯を破った地である。その北方およそ15kmのところに今日の鉅鹿県がある。前漢の南(なんれん)県で,隋代に鉅鹿と改名され,唐以後は邢州あるいは順徳府の属県となった。現在の町は1108年(大観2)に黄河のはんらんで埋没したあとにできたもので,1918年ごろから発掘によって陶磁器や住居址などが発見されているが,なかでも磁州窯はとくに有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょろく【鉅鹿】

中国、河北省平郷県の古地名。秦末、項羽が秦の章邯の軍を大敗させた地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鉅鹿の関連キーワード糧を捨てて船を沈む糧を棄て船を沈む籠手田安定宮本元甫黄巾の乱そろばん明清楽太平道竺道生道生裴秀魏収張角魏野魏徴裴頠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android