コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉅鹿 キョロク

4件 の用語解説(鉅鹿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょろく【鉅鹿】

中国代に、現在の河北省平郷県に置かれた郡および県の名。項羽が、秦の将軍章邯(しょうかん)の軍勢に大勝した土地として有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉅鹿【きょろく】

1108年黄河の氾濫(はんらん)で埋没した中国河北省の一邑(ゆう)。1918年ころから発掘され始め,二つの住居跡や宋代の陶磁器が出土。陶磁には磁州窯定窯のものがあり,鉅鹿陶と称されるが,特に白くて美しい前者は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょろく【鉅鹿 Jù lù】

中国,河北省南部の平郷県の古名。戦国趙の邑(都市)で,秦・漢時代には鉅鹿県といい,鉅鹿郡の中心であったが,後漢以後は郡の治所が他に移り,県名も北魏のときに平郷と改められた。項羽が秦将章邯を破った地である。その北方およそ15kmのところに今日の鉅鹿県がある。前漢の南(なんれん)県で,隋代に鉅鹿と改名され,唐以後は邢州あるいは順徳府の属県となった。現在の町は1108年(大観2)に黄河のはんらんで埋没したあとにできたもので,1918年ごろから発掘によって陶磁器や住居址などが発見されているが,なかでも磁州窯はとくに有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょろく【鉅鹿】

中国、河北省平郷県の古地名。秦末、項羽が秦の章邯の軍を大敗させた地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉅鹿の関連キーワード河北省東陵疫病草九州山戎井陘口保定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone