笄髷(読み)コウガイワゲ

デジタル大辞泉の解説

こうがい‐わげ〔かうがい‐〕【××髷】

婦人の髪の結い方の一。に髪を巻きつけた形の髷(まげ)。室町時代に宮中の女官たちが下げ髪をとめるためにしたところから、江戸時代に一般に行われるようになった。こうがいぐる。こうがいまげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうがいわげ【笄髷】

江戸時代の婦人の髪形の一。後頭部で一つにたばねた髪の毛を輪にして、笄ではさみとめておくもの。こうがいまげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうがい‐まげ かうがい‥【笄髷】

浮世草子・浮世栄花一代男(1693)二「髪はかうがい曲(マゲ)をなるほど下へ持てゆきて」

こうがい‐わげ かうがい‥【笄髷】

〘名〙 婦人の髪の結い方の一つ。笄に髪を巻きつけたもの。室町時代に宮中の女官たちが下髪を処理するためにしたところから、江戸時代に一般に行なわれるようになったもの。こうがいまげ。こうがいぐる。こうがい。
※波形本狂言・縄綯(室町末‐近世初)「すすきのやうな髪が〈略〉十筋斗(ばかり)有のをよしよしとかうがいわけじゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の笄髷の言及

【髪形】より

…毛髪を,剃(そ)る,切る,編む,束ねる,ウェーブをつける,などの方法によってつくられる髪の形。おもに長い髪を束ねて結いあげた髪形をさしていうことが多く,結髪と同じ意味に使われる。性別,年齢,職業など社会的環境を象徴し,またその国,地域の民族色をも反映する。
【日本】

[古代~中世]
 日本人の髪形は東洋民族特有の直毛,黒髪の美を主体として独特な発達を遂げている。《魏志倭人伝》によれば,3世紀ころの日本人は,男は髪を結び垂れて頭を裂(きれ)で巻き,女は髪を結いあげていたようである。…

【笄】より

…髪飾の一種。笄は平安時代中期の《和名抄》には加美賀岐(かみかき)という名でみえている。これは毛筋立の一種で,鬢(びん)の毛を整える用具である。《源氏物語》《宇津保物語》には笄の名がみえ,中世の貴族や武士は守刀に差し込み,携帯し,女性も懐中に入れて,ともに髪搔き用具としたものであろう。近世には,刀の鞘に組み込む形式になった刀装具に笄が用いられている。これも武士の整髪というはじめの目的から,しだいに形式化されたものといわれる。…

※「笄髷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android