コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笛吹鯛 フエフキダイ

デジタル大辞泉の解説

ふえふき‐だい〔‐だひ〕【笛吹×鯛】

スズキ目フエフキダイ科の海水魚全長約60センチ。体はタイに似て、(ふん)がやや突出し、体色赤みを帯びた紫褐色。口の内側が鮮紅色なので、口火(くちび)ともよばれる。本州中部以南に分布食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふえふきだい【笛吹鯛】

スズキ目の海魚。全長約60センチメートル。タイの仲間ではないが、体形はタイに似る。吻ふんがやや突き出し、口内は鮮紅色。背は赤みを帯びた紫褐色で腹部は淡い。美味。本州中部以南の沿岸に分布。タマミ。クチビ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

笛吹鯛 (フエフキダイ)

学名:Lethrinus haematopterus
動物。フエフキダイ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

笛吹鯛の関連キーワードクチビタマミ海魚口内体形

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android