コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠井栖乙 かさい せいおつ

1件 の用語解説(笠井栖乙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠井栖乙 かさい-せいおつ

1888-1975 大正-昭和時代の俳人。
明治21年5月23日生まれ。志田素琴の指導をうけ,昭和5年西村燕々(えんえん)により岡山を中心にした俳誌「唐辛子」が発刊されると選者となる。戦後は「光芒(こうぼう)」の選者をつとめた。24年関西(かんぜい)高校長。昭和50年8月13日死去。87歳。岡山県出身。国学院大卒。本名は誠一。句集に「陣山抄」「松籟(しょうらい)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笠井栖乙の関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業EA-71世界女性会議ウィルヘルム朝鮮映画木村伊兵衛写真賞井上純一伊藤咲子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone