コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠名高 かさの なたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠名高 かさの-なたか

?-871 平安時代前期の官吏。
斉衡(さいこう)3年(856)外従五位下。陰陽助(おんみょうのすけ)兼権(ごんの)陰陽博士。天安2年安倍安仁(あべの-やすひと)らとともに文徳(もんとく)天皇の陵地を山城葛野(かどの)郡田邑郷(たむらのごう)(京都市右京区)にさだめた。貞観(じょうがん)4年従五位下にすすみ,のち備前権介(すけ),備中(びっちゅうの)介もかねる。貞観13年4月13日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

笠名高の関連キーワード官吏斉衡

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android