コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠郎女 かさのいらつめ

1件 の用語解説(笠郎女の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

笠郎女【かさのいらつめ】

奈良時代《万葉集》第4期の歌人。閲歴・生没年不詳。笠金村の女(むすめ),笠御室の女,笠麻呂(沙弥満誓)と縁故ある女性等の説がある。《万葉集》に計29首入集しており,これは女性では大伴坂上郎女に次ぐ歌数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

笠郎女の関連キーワード元仁石川郎女(4)伊保麻呂大伴三林大神女郎大宅女丹波大女娘子間人大浦日置少老若桜部君足

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠郎女の関連情報