コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠郎女(読み)かさのいらつめ

百科事典マイペディアの解説

笠郎女【かさのいらつめ】

奈良時代《万葉集》第4期の歌人。閲歴生没年不詳。笠金村の女(むすめ),笠御室の女,笠麻呂沙弥満誓)と縁故ある女性等の説がある。《万葉集》に計29首入集しており,これは女性では大伴坂上郎女に次ぐ歌数。すべて大伴家持への恋歌で短歌の形式。〈暮陰草(ゆうかげくさ)〉〈大寺(おおてら)〉等,独特の歌語を用いることが多く,多彩に相聞の情を歌っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android