コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠郎女 かさのいらつめ

百科事典マイペディアの解説

笠郎女【かさのいらつめ】

奈良時代《万葉集》第4期の歌人。閲歴生没年不詳。笠金村の女(むすめ),笠御室の女,笠麻呂沙弥満誓)と縁故ある女性等の説がある。《万葉集》に計29首入集しており,これは女性では大伴坂上郎女に次ぐ歌数。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

笠郎女の関連キーワード大伴家持奈良時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android