相聞(読み)ソウモン

百科事典マイペディアの解説

相聞【そうもん】

雑歌(ぞうか)・挽歌(ばんか)とともに《万葉集》の分類項目の一つ。恋愛の歌が多いが,もともと相往来の意で,親子,兄弟,友人間の愛情を示したものをも含んでいる。《古今和歌集》以後〈相聞〉は〈恋〉という名称になった。
→関連項目大伴坂上郎女雑歌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

相聞

早坂久子による戯曲。1960年、第6回新劇戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうもん【相聞】

恋の歌。相聞という語はもともと《文選(もんぜん)》をはじめ内外の諸文献にも見えることばで,消息を通じるなどの意を表すが,《万葉集》においては,漢詩における〈贈答〉にかわり,雑歌(ぞうか),挽歌(ばんか)と並ぶ三大部立て名の一つとして用いられ,親しい人と情を通じあう歌を収める。親子・兄弟間などの場合もあるが,男女間の愛情に関するものが中心を占める。原義からすればすべて贈答歌であるべきだが,実際には独詠歌や伝承歌なども多く含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうもん【相聞】

手紙などで互いに相手の様子を尋ねあうこと。
万葉集の和歌の部立ての一。恋慕や親愛の情を述べた歌。あいぎこえ。 → 挽歌ばんか雑歌ぞうか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相聞
そうもん

「雑歌(ぞうか)」「挽歌(ばんか)」と並ぶ『万葉集』の三大部立(ぶだて)の一つ。「相聞」の語は中国の文献に多くみられる通用語で、そのもともとの意義は、互いに思いを伝達することであった。『万葉集』では「相聞往来歌」(巻11、12)とも称し、日常的な人間関係のなかで交わされた私情の歌々を概括するものであった。男女の間で交わされた恋愛歌を中心とするが、すべてが恋歌ではなく、大伯皇女(おおくのひめみこ)が弟大津皇子について歌った「わがせこを大和(やまと)へ遣(や)るとさ夜更(よふ)けて暁露(あかときつゆ)にわが立ちぬれし」(巻2・105)のように、親子・兄弟などの間で交わされたものも「相聞」に収められている。男女間を主とする私情伝達の歌で、広義の恋歌ということができる。『万葉集』は、巻2、4、8、9、10、11、12、13、14の諸巻に「相聞」の部立をもち、収める歌数は1750首に上る。『万葉集』の全歌数の3分の1を超える。これらは表現の仕方によって、正述心緒(せいじゅつしんしょ)、寄物陳思(きぶつちんし)、譬喩(ひゆ)などと分類されている。こうした私情の歌こそ歌を支える広い基盤であり、そのなかで叙情詩としての歌が育てられた。[神野志隆光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の相聞の言及

【譬喩歌】より

…《万葉集》中の相聞(そうもん)の歌を表現様式上から3分類した名称の一つ。正述心緒歌(ただにおもいをのぶるうた)(心に思うことを直接表現する),寄物陳思歌(ものによせておもいをのぶるうた)(物に託して思いを表現する)の2分類と並び,物だけを表面的に歌って思いを表現する,いわゆる隠喩(いんゆ)の歌をいう。…

※「相聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相聞の関連情報