相聞(読み)ソウモン

  • あいぎこえ あひ‥
  • そうもん サウ‥
  • そうもん〔サウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

恋の歌。相聞という語はもともと《文選(もんぜん)》をはじめ内外の諸文献にも見えることばで,消息を通じるなどの意を表すが,《万葉集》においては,漢詩における〈贈答〉にかわり,雑歌(ぞうか),挽歌(ばんか)と並ぶ三大部立て名の一つとして用いられ,親しい人と情を通じあう歌を収める。親子・兄弟間などの場合もあるが,男女間の愛情に関するものが中心を占める。原義からすればすべて贈答歌であるべきだが,実際には独詠歌や伝承歌なども多く含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「雑歌(ぞうか)」「挽歌(ばんか)」と並ぶ『万葉集』の三大部立(ぶだて)の一つ。「相聞」の語は中国の文献に多くみられる通用語で、そのもともとの意義は、互いに思いを伝達することであった。『万葉集』では「相聞往来歌」(巻11、12)とも称し、日常的な人間関係のなかで交わされた私情の歌々を概括するものであった。男女の間で交わされた恋愛歌を中心とするが、すべてが恋歌ではなく、大伯皇女(おおくのひめみこ)が弟大津皇子について歌った「わがせこを大和(やまと)へ遣(や)るとさ夜更(よふ)けて暁露(あかときつゆ)にわが立ちぬれし」(巻2・105)のように、親子・兄弟などの間で交わされたものも「相聞」に収められている。男女間を主とする私情伝達の歌で、広義の恋歌ということができる。『万葉集』は、巻2、4、8、9、10、11、12、13、14の諸巻に「相聞」の部立をもち、収める歌数は1750首に上る。『万葉集』の全歌数の3分の1を超える。これらは表現の仕方によって、正述心緒(せいじゅつしんしょ)、寄物陳思(きぶつちんし)、譬喩(ひゆ)などと分類されている。こうした私情の歌こそ歌を支える広い基盤であり、そのなかで叙情詩としての歌が育てられた。[神野志隆光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「万葉集」の歌の分類上の名称の一つである「相聞(そうもん)」の訓読。賀茂真淵が「万葉考」で唱えた。
※万葉考(1769‐1835)二「相聞(アヒギコエ)、こは相思ふ心を互に告聞ゆれば、あひぎこえといふ」
〘名〙 (「もん」は「聞」の呉音)
① 相互に相手の様子を尋ねること。消息を通じあうこと。互いに通信、連絡、挨拶(あいさつ)などをかわすこと。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「且上父母相聞、既云聖徳無量不備陳。故但略歎三徳爾也」 〔漢書‐霍光伝〕
② 「万葉集」において、歌を内容から分類した名称の一つ。雑歌(ぞうか)・挽歌(ばんか)とともに三大部立の一つ。夫婦、恋人、または親子、兄弟姉妹、友人など、親しいものの間で、恋慕あるいは親愛の情をのべた歌がこれに属するが、大部分は男女の恋愛感情をうたった歌。「雑歌」が公的な場における歌という性格をもつのに対し、私的な感情を伝える歌をまとめた名称。あいぎこえ。
※万葉(8C後)二「相聞」
※弁内侍(1278頃)建長四年「さらば、いとをしといふ事かきて、さうもむにたべと侍しに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の相聞の言及

【譬喩歌】より

…《万葉集》中の相聞(そうもん)の歌を表現様式上から3分類した名称の一つ。正述心緒歌(ただにおもいをのぶるうた)(心に思うことを直接表現する),寄物陳思歌(ものによせておもいをのぶるうた)(物に託して思いを表現する)の2分類と並び,物だけを表面的に歌って思いを表現する,いわゆる隠喩(いんゆ)の歌をいう。…

※「相聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報