コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠金村 かさのかなむら

7件 の用語解説(笠金村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠金村
かさのかなむら

奈良時代の歌人。『万葉集』には彼の名を明記した歌のほか,「笠朝臣金村歌集出」「笠朝臣金村之歌中出」と記されたものもあり,いずれも金村の作と認められている。これらによると,霊亀1 (715) 年から天平5 (733) 年にかけて作歌活動をしており,元正,聖武両朝に宮廷歌人のような立場で仕え,身分は低かったらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

笠金村【かさのかなむら】

奈良前期の歌人。生没年不詳。卑官に終わったが,山部赤人とともに,柿本人麻呂を継承する宮廷歌人として評価されていた。赤人が自然詠にすぐれるのに対し,人事詠に特徴があるとされる。
→関連項目笠郎女

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠金村 かさの-かなむら

?-? 奈良時代の歌人。
山部赤人とならぶ宮廷歌人として元正天皇,聖武天皇につかえ,吉野,難波,播磨(はりま)への行幸にしたがった。「万葉集」に霊亀(れいき)元-天平(てんぴょう)5年(715-733)によんだ長歌11首,短歌32首をのこす。「笠朝臣金村歌集」が存在した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

笠金村

生年:生没年不詳
奈良時代の歌人。微官であったらしく経歴も不明。『万葉集』によってのみ知られ,霊亀1~天平5(715~733)年までの作歌が明らかである。長歌11首,短歌34首(「笠朝臣金村歌集に出づ」などとして掲げられる作を含む)が残り,元正・聖武天皇の行幸に供奉したときの歌が半数を占める。同様に宮廷を中心として活躍した車持千年,山部赤人と並ぶ際には,その作が先に配されるところから,あるいは両者より重きをなしていたかともみられる。霊亀1年(2年説も)の施基(志貴)親王のための挽歌は,対話による劇的な構成をとり,異色ある風をのぞかせているが,行幸従駕歌は,おおむね平板で独創味に乏しい。ただし,その行幸従駕歌は,当時の宮廷人一般の享楽的な態度と嗜好を敏感に反映しており,総じて,『万葉集』において宮廷的な風雅をいちはやく体現した歌人として位置づけられよう。<参考文献>犬養孝,清原和義『万葉の歌人/笠金村』,梶川信行『万葉史の論/笠金村』

(芳賀紀雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かさのかなむら【笠金村】

奈良前期の万葉歌人。生没年不詳。715年(霊亀1)作の志貴皇子(しきのみこ)挽歌(巻二)が格別に古く傑作であるが,主な活躍期は723年(養老7)から733年(天平5)までである。作品数は長歌11首,短歌32首,計43首である。金村作とあるもののほか〈金村歌集出〉〈金村歌中出〉との左注のある作品もあるが,すべて金村作と認められる。聖武朝初頭,天皇の行幸に従って,吉野,難波,紀州などにおもむき,賛歌などを歌うことが多く,先代の柿本人麻呂の流れをくむ宮廷歌人である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かさのかなむら【笠金村】

万葉歌人。従駕の歌が多く、聖武朝の宮廷歌人と思われる。万葉集に「笠朝臣金村歌集」の名が見えるが伝わらない。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠金村
かさのかなむら

生没年不詳。奈良時代の歌人。元正(げんしょう)、聖武(しょうむ)両朝の下級官人で、行幸につき従って賛歌を詠み、志貴皇子挽歌(しきのみこばんか)をつくるなどした、いわゆる宮廷歌人的な人。『万葉集』に残る作品は715年(霊亀1)から733年(天平5)までの長歌9首、短歌26首の計35首。ほかに「笠朝臣金村之歌中出(かさのあそみかなむらのうたのなかにいづ)」と記す長歌2首、短歌8首もあるが、作者不明歌を含む。歌風は柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の影響を強く受けているが、迫力に乏しく、私的な相聞風の発想をよくするなどの点に時代の反映をみることができる。[遠藤 宏]
 草枕旅行く人も行き触ればにほひぬべくも咲ける萩(はぎ)かも
『山崎馨著「笠金村と車持千年」(『万葉集講座6』所収・1972・有精堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の笠金村の言及

【志貴皇子】より

…また温雅にして繊細な歌や機知に富んだ歌もある。なお,皇子の死を悼む笠金村(かさのかなむら)の長短歌から成る挽歌が巻二に収録されている。【橋本 達雄】。…

※「笠金村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笠金村の関連キーワード高橋虫麻呂歌舞所長たらしい憎たらしい惨たらしいみたらしたれうさぎ伊保麻呂久米女王碁檀越若宮年魚麻呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠金村の関連情報