コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第三の選択 だいさんのせんたくThird Option

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第三の選択
だいさんのせんたく
Third Option

1972年にカナダの M.シャープ外相が用いて以来,カナダの対外政策の基本を示すものとして,あるいはカナダ・ナショナリズム代名詞として用いられる言葉。 P.トルドー首相によれば,第1の選択である北アメリカ大陸統合主義,第2のキューバ型反米主義の双方を排し,アメリカ合衆国との緊密な関係は維持するが,ほかの諸国ともアメリカと劣らぬ密接な関係を多岐にわたって展開しようとするのが,第3の選択である。この立場はカナダ史上決して斬新なものではないが,あらためて「第三の選択」を宣言することにより,ヨーロッパ連合 EU諸国および日本との関係を深化しようとしていること,また特に経済の分野で資源ナショナリズムの傾向を強めていることは注目に値する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

第三の選択の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第三の選択の関連情報