コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二種中高層住居専用地域 ダイニシュチュウコウソウジュウキョセンヨウチイキ

デジタル大辞泉の解説

だいにしゅ‐ちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき〔‐チユウカウソウヂユウキヨセンヨウチヰキ〕【第二種中高層住居専用地域】

都市計画法で定められた用途地域の一。主として中高層住宅の良好な住居環境を保護するために定められる地域。必要な利便施設の建設が認められるが、1500平方メートル以上または3階以上の店舗・事務所などは建設できない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

第二種中高層住居専用地域の関連キーワード中高層住居専用地域住居地域

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android