第四世代移動通信システム(読み)ダイヨンセダイイドウツウシンシステム

デジタル大辞泉の解説

第三世代携帯電話(3G)の通信速度をより高めた移動通信システムのこと。2012年にITU(国際電気通信連合)が承認したLTEアドバンストWiMAX2が該当する。50Mbpsから1Gbps程度の通信速度を有し、IPv6に対応するほか、無線LANWiMAXBluetoothなど複数の通信網を連携して利用できる。日本では、第三・九世代移動通信システム(3.9G)を含めていう場合がある。4G第四世代モバイルネットワーク第四世代携帯電話。→第五世代移動通信システム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android