コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第2次百年戦争 だいにじひゃくねんせんそう Second Hundred Years' War

1件 の用語解説(第2次百年戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第2次百年戦争
だいにじひゃくねんせんそう
Second Hundred Years' War

1688~1815年までの約 130年間にわたるイギリスフランスの戦争。ファルツ戦争 (アウクスブルク同盟戦争) ,スペイン継承戦争オーストリア継承戦争七年戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争を含み,これらの戦争で両国は常に敵対し,植民地争奪戦を並行させつつ,覇権を争ったので,中世末の百年戦争になぞらえて呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の第2次百年戦争の言及

【イギリス】より

…他方イギリスの海外進出にはいっそう拍車がかかった。ファルツ戦争以降七年戦争までつづいたフランスとの〈第2次百年戦争〉においてイギリスは,ヨーロッパ大陸における戦闘はプロイセンなどの同盟国にゆだねて,自らは北アメリカ,インドにおける植民地拡張に全力をあげ,七年戦争後のパリ条約(1763)によって,カリブ海域と北アメリカを中核とする大植民帝国(旧帝国)をつくり上げた。同じ時期にイギリスは大きな転換期を迎えた。…

【植民地】より

…植民地という概念は,ラテン語coloniaに起源をもち,それが近代ヨーロッパ語のcolony(英語),colonie(フランス語),Kolonie(ドイツ語)として広く用いられ,さらに近代日本において,その日本語訳として定着したものである。この概念は古典古代,近代ヨーロッパ,近代日本と三重の歴史的位相をもち,それに応じて,意味する内容も拡大してきた。近代以前には,植民地という言葉はおもに,ある集団か,その一部が従来の土地を離れて新たな地域に移住し,そこで形成する社会を意味した。…

※「第2次百年戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

第2次百年戦争の関連キーワード列朝詩集元文源平時代古写本武家時代OJCF2支援戦闘機フグの毒と処理希望入団枠米国の欧州MD計画

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone