コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等春 とうしゅん

2件 の用語解説(等春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等春 とうしゅん

?-? 戦国時代の画家。
備前(岡山県)の人ともいうが,長谷川等伯(とうはく)の「等伯画説」によれば,奈良の大工の子。晩年の雪舟等楊(せっしゅう-とうよう)の弟子となり,師にしたがって加賀・能登(のと)へ旅をしている。門人に等伯の養父長谷川宗清(むねきよ)がいる。永正(えいしょう)-天文(てんぶん)(1504-55)ごろの人。作品に「花鳥人物押絵貼屏風(おしえばりびょうぶ)」「瀟湘(しょうしょう)八景図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

等春

生年:生没年不詳
室町後期の画家。等春の事跡を示すほとんど唯一の史料は,のちに等春に私淑した桃山時代の長谷川等伯による『等伯画説』である。それによれば,奈良の大工の子で,雪舟の弟子となり,師と共に加賀・能登(石川県)を訪れ,守護大名富樫氏,畠山氏と交流を持ったという。代表作の景徐周麟賛「花鳥人物押絵貼屏風」(個人蔵)は,大内義興が所蔵したものであり,師雪舟同様大内氏との交流もうかがわれる。また「瀟湘八景図」(正木美術館蔵)は,南宋末・元初の画家玉澗 の作風にならった溌墨山水図の優品として高く評価される。雪舟と長谷川等伯をつなぐ重要な画家である。<参考文献>田中一松「等春画説」(『日本絵画史論集』)

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等春の関連キーワード水府豊政長富等逸楊門墨齋紹等雲谿等室デューラー文清ホガースホルバイン跡を踏む

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

等春の関連情報