コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等梅 とうばい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等梅 とうばい

?-? 戦国時代の画僧。
真言宗。筑後(ちくご)(福岡県)の人。紀伊(きい)高野山(和歌山県)の修験者となる。雪舟等楊(せっしゅう-とうよう)(1420-1506)に画法をまなぶ。鍾馗(しょうき)図,架鷹図をよくえがいた。筆法は周耕(しゅうこう)ににる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

等梅の関連キーワード戦国時代真言宗画僧

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等梅の関連情報