コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋切り スジキリ

デジタル大辞泉の解説

すじ‐きり〔すぢ‐〕【筋切り】

種まきのとき畑にうねを作るため、筋を引くのに用いる農具筋引き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すじきり【筋切り】

播種(はしゆ)溝をつくる用具。1m程度の長さの柄の先に,鉄製の小さなへらを取り付けたもので,このへらで土をひっかき,後ずさりしながら溝を切っていく。作物の種類により播種溝の深さも変わるので,それに応じてへらの大きさや形も少しずつ変わる。なかには,播種溝を切る間隔を計るための目盛を柄に刻んだものもあった。自家用の野菜作りとか販売用でも少量の場合には,鍬の刃のかどで溝をつくっていたが,元禄(1688‐1704)のころから都市の発達により野菜の生産量も増え,またワタ作りなどの商品作物の作付けが増えてくるとともに出現した農具である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

筋切りの関連キーワードかめない、飲み込めないときの食事調理法筋性斜頸種まき

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋切りの関連情報