商品作物(読み)しょうひんさくもつ(英語表記)commercial crop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商品作物
しょうひんさくもつ
commercial crop

換金作物ともいう。自給作物に対して商品化率の高い作物。日本では江戸時代から西日本を中心に栽培が盛んとなり,瀬戸内畿内三河綿花阿波の藍などが有名。明治に入り一層増加し,都市近郊の花卉,野菜や果樹をはじめ,桑,除虫菊薄荷などが栽培された。最近では大部分の作物は商品化されるようになり,特に商品作物という言い方はなくなってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうひんさくもつ【商品作物】

市場へ商品として売ることを目的として栽培される農作物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android