商品作物(読み)しょうひんさくもつ(英語表記)commercial crop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「商品作物」の解説

商品作物
しょうひんさくもつ
commercial crop

換金作物ともいう。自給作物に対して商品化率の高い作物。日本では江戸時代から西日本を中心に栽培が盛んとなり,瀬戸内畿内三河綿花阿波などが有名。明治に入り一層増加し,都市近郊の花卉,野菜果樹をはじめ,桑,除虫菊薄荷などが栽培された。最近では大部分の作物は商品化されるようになり,特に商品作物という言い方はなくなってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「商品作物」の解説

しょうひん‐さくもつ シャウヒン‥【商品作物】

〘名〙 市場への出荷を目的として栽培される農作物。換金作物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「商品作物」の解説

商品作物
しょうひんさくもつ

商品として販売するために栽培された農作物
四木三草のほか,綿・タバコ・野菜などがつくられた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android