コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒粥 ツツガユ

デジタル大辞泉の解説

つつ‐がゆ【筒×粥】

粥占(かゆうら)の一種。粥を炊くとき葦(あし)や竹の筒を入れておき、その中に入った米粒の量によってその年の豊凶を占うもの。多く、神社の神事として行われる。管粥(くだがゆ)。 新年》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の筒粥の言及

【粥占】より

…1月14日の夕刻,粥を貝に盛り,2月1日に,そのかたまり方や,かびの様子を見て,豊作かどうかを判断する,お粥試しの神事もある。一般によく知られている粥占に,筒粥,管粥の神事がある。粥の中に,竹,あるいはカヤ,アシなどの管を入れ,その中にはいった粥の状態で,作物の種類別の作柄や,月ごとの天候を占う。…

※「筒粥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筒粥の関連キーワード一之宮貫前神社伊奈波神社粥占の神事二宮(町)榛名神社諏訪大社七不思議小豆粥占い粥占年占

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筒粥の関連情報