箕浦猪之吉(読み)みのうら いのきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕浦猪之吉 みのうら-いのきち

1844-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)15年11月生まれ。土佐高知藩の儒者。慶応4年藩の六番隊長として警備近海の測量後上陸してきたフランス兵に発砲を命じ,十余人を殺傷した(堺事件)。責任をとらされ,同年2月23日堺妙国寺で部下10名とともに切腹。25歳。名は元章。号は仏山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android